ブンゴウメール公式ブログ

青空文庫の作品を1ヶ月で読めるように毎日小分けでメール配信してくれるサービス「ブンゴウメール」のブログです

老妓抄(6/30) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (562字。目安の読了時間:2分) 水を口から注ぎ込むとたちまち湯になって栓口から出るギザーや、煙管の先で圧すと、すぐ種火が点じて煙草に燃えつく電気莨盆や、それらを使いながら、彼女の心は新鮮に慄えるのだった。 「まるで生きものだね…

老妓抄(5/30) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (716字。目安の読了時間:2分) 芸者屋をしている表店と彼女の住っている裏の蔵附の座敷とは隔離してしまって、しもたや風の出入口を別に露地から表通りへつけるように造作したのも、その現われの一つであるし、遠縁の子供を貰って、養女に…

老妓抄(4/30) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (605字。目安の読了時間:2分) おまえさんたち」と小そのは総てを語ったのちにいう、「何人男を代えてもつづまるところ、たった一人の男を求めているに過ぎないのだね。いまこうやって思い出して見て、この男、あの男と部分々々に牽かれる…

老妓抄(3/30) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (552字。目安の読了時間:2分) 若い芸妓たちは、とうとう髪を振り乱して、両脇腹を押え喘いでいうのだった。 「姐さん、頼むからもう止してよ。この上笑わせられたら死んでしまう」 老妓は、生きてる人のことは決して語らないが、故人で馴…

老妓抄(2/30) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (602字。目安の読了時間:2分) だが、彼女は職業の場所に出て、好敵手が見つかると、はじめはちょっと呆けたような表情をしたあとから、いくらでも快活に喋舌り出す。 新喜楽のまえの女将の生きていた時分に、この女将と彼女と、もう一人新…

【お詫びとお知らせ】ブンゴウメールの配信遅延について

いつもブンゴウメールをご利用ありがとうございます。 本日システム障害により、9時以前に配信予定だった無料版および有料版のメール配信で遅延が生じておりました。申し訳ありません! 現在システムは復旧しており、本日これ以降に配信されるチャネルは通常…

老妓抄(1/30) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (539字。目安の読了時間:2分) 平出園子というのが老妓の本名だが、これは歌舞伎俳優の戸籍名のように当人の感じになずまないところがある。 そうかといって職業上の名の小そのとだけでは、だんだん素人の素朴な気持ちに還ろうとしている今…