ブンゴウメール公式ブログ

青空文庫の作品を1ヶ月で読めるように毎日小分けでメール配信してくれるサービス「ブンゴウメール」のブログです

オツベルと象(7/10) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (622字。目安の読了時間:2分) ある晩象は象小屋で、三把の藁をたべながら、十日の月を仰ぎ見て、 「苦しいです。サンタマリア。」と云ったということだ。 こいつを聞いたオツベルは、ことごと象につらくした。 ある晩、象は象小屋で、ふら…

オツベルと象(6/10) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (615字。目安の読了時間:2分) 晩方象は小屋に居て、八把の藁をたべながら、西の四日の月を見て 「ああ、せいせいした。サンタマリア」と斯うひとりごとしたそうだ。 その次の日だ、 「済まないが、税金が五倍になった、今日は少うし鍛冶場…

オツベルと象(5/10) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (591字。目安の読了時間:2分) 次の日、ブリキの大きな時計と、やくざな紙の靴とはやぶけ、象は鎖と分銅だけで、大よろこびであるいて居った。 「済まないが税金も高いから、今日はすこうし、川から水を汲んでくれ。」オツベルは両手をうし…

オツベルと象(4/10) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (638字。目安の読了時間:2分) 第二日曜 オツベルときたら大したもんだ。 それにこの前稲扱小屋で、うまく自分のものにした、象もじっさい大したもんだ。 力も二十馬力もある。 第一みかけがまっ白で、牙はぜんたいきれいな象牙でできてい…

オツベルと象(3/10) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (605字。目安の読了時間:2分) ところが何せ、器械はひどく廻っていて、籾は夕立か霰のように、パチパチ象にあたるのだ。 象はいかにもうるさいらしく、小さなその眼を細めていたが、またよく見ると、たしかに少しわらっていた。 オツベル…

オツベルと象(2/10) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (648字。目安の読了時間:2分) そいつは象のことだから、たぶんぶらっと森を出て、ただなにとなく来たのだろう。 そいつが小屋の入口に、ゆっくり顔を出したとき、百姓どもはぎょっとした。 なぜぎょっとした? よくきくねえ、何をしだすか…

オツベルと象(1/10) - ブンゴウメール

ブンゴウメール (606字。目安の読了時間:2分) ……ある牛飼いがものがたる 第一日曜 オツベルときたら大したもんだ。 稲扱器械の六台も据えつけて、のんのんのんのんのんのんと、大そろしない音をたててやっている。 十六人の百姓どもが、顔をまるっきりま…