ブンゴウメール公式ブログ

青空文庫の作品を1ヶ月で読めるように毎日小分けでメール配信してくれるサービス「ブンゴウメール」のブログです

【初めての方へ】ブンゴウメールについて

ブンゴウメールとは?? ブンゴウメールとは、青空文庫の作品を小分けにして、毎朝メールで配信。 気づいたら毎月1冊本が読めてしまう、忙しいあなたのための読書サポートサービスです。 bungomail.notsobad.jp

【ブンゴウメール】風琴と魚の町 (19/30)

(556字。目安の読了時間:2分) 私はたまらなくなって、雨戸を開き、障子を開けた。 石榴の葉が、ツンツン豆の葉のように光って、山の上に盆のような朱い月が出ている。 肌の上を何かついと走った。 「どぎゃん、したかアい!」 思わず私は声をあげて下へ叫…

【ブンゴウメール】風琴と魚の町 (18/30)

(583字。目安の読了時間:2分) 「ま、勉強せい、明日は連れて行ってやる」 学校に行けることは、不安なようで嬉しい事であった。 その晩、胸がドキドキして、私は子供らしく、いつまでも瞼(まぶた)の裏に浮んで来る白い数字を数えていた。 十二時頃でで…

【ブンゴウメール】風琴と魚の町 (17/30)

(565字。目安の読了時間:2分) 「人の足折って、知らん顔しちょるもんがよオ」 「金を持っちょるけに、かなわんたい」 「階下のおじさんな、馬鹿たれか?」 「何ば云よっとか!」 父は風琴と弁当を持って、一日中、「オイチニイ オイチニイ」と、町を流し…

【ブンゴウメール】風琴と魚の町 (16/30)

(636字。目安の読了時間:2分) 「尾の道の町に、何か力があっとじゃろ、大阪までも行かいでよかった」 「大阪まで行っとれば、ほんのこて今頃は苦労しよっとじゃろ」 この頃、父も母も、少し肥えたかのように、私の眼にうつった。 私は毎日いっぱい飯を食…

【ブンゴウメール】風琴と魚の町 (15/30)

(573字。目安の読了時間:2分) 二階の縁の障子をあけると、その石榴の木と井戸が真下に見えた。 井戸水は塩分を多分に含んで、顔を洗うと、ちょっと舌が塩っぱかった。 水は二階のはんど甕(がめ)の中へ、二日分位汲み入れた。 縁側には、七輪や、馬穴(…

【ブンゴウメール】風琴と魚の町 (14/30)

(582字。目安の読了時間:2分) 白か銭ばたくさん持っちょって、何も買うてやらんげに思うちょるが、宿屋も払うし、薬の問屋へも払うてしまえば、あの白か銭は、のうなってしまうがの、早よ寝て、早よ起きい、朝いなったら、白かまんまいっぱい食べさすッで…

【ブンゴウメール】風琴と魚の町 (13/30)

(667字。目安の読了時間:2分) 母は、私が大きい声で、すらすらと本を読む事が、自慢ででもあるのであろう。 「ふん、そうかや」と、度々優しく返事をした。 「百姓は馬鹿だな、尺取虫に土瓶を引っかけるてかい?」 「尺取虫が木の枝のごつあるからじゃろ…