ブンゴウメール公式ブログ

青空文庫の作品を1ヶ月で読めるように毎日小分けでメール配信してくれるサービス「ブンゴウメール」のブログです

【初めての方へ】ブンゴウメールについて

ブンゴウメールとは?? ブンゴウメールとは、青空文庫の作品を小分けにして、毎朝メールで配信。 気づいたら毎月1冊本が読めてしまう、忙しいあなたのための読書サポートサービスです。 bungomail.notsobad.jp

【ブンゴウメール】大つごもり (17/31)

(335字。目安の読了時間:1分) 母の違ふに父親の愛も薄く、これを養子に出して家督は妹娘の中にとの相談、十年の昔しより耳に挟みて面白からず、今の世に勘当のならぬこそをかしけれ、思ひのままに遊びて母が泣きをと父親の事は忘れて、十五の春より不了簡…

【ブンゴウメール】大つごもり (16/31)

(350字。目安の読了時間:1分) よろしう御座んす慥(たし)かに受合ひました、むづかしくはお給金の前借にしてなり願ひましよ、見る目と家内とは違ひて何処にも金銭の埒(らち)は明きにくけれど、多くでは無しそれだけで此処の始末がつくなれば、理由を聞…

【ブンゴウメール】大つごもり (15/31)

(348字。目安の読了時間:1分) この中にて何となるべきぞ、額を合せて談合の妻は人仕事に指先より血を出して日に拾銭の稼ぎも成らず、三之助に聞かするとも甲斐なし、お峯が主は白金の台町に貸長屋の百軒も持ちて、あがり物ばかりに常綺羅美々しく、我れ一…

【ブンゴウメール】大つごもり (14/31)

(340字。目安の読了時間:1分) と言ふて帰られる物では無し、初奉公が肝腎、辛棒がならで戻つたと思はれても成らねば、お主大事に勤めてくれ、我が病気も長くは有るまじ、少しよくば気の張弓、引つづいて商ひもなる道理、ああ今半月の今歳が過れば新年は好…

【ブンゴウメール】大つごもり (13/31)

(337字。目安の読了時間:1分) さてもさても世間に無類の孝行、大がらとても八歳は八歳、天秤肩にして痛みはせぬか、足に草鞋くひは出来ぬかや、堪忍して下され、今日よりは私も家に帰りて伯父様の介抱活計の助けもしまする、知らぬ事とて今朝までも釣瓶の…

【ブンゴウメール】大つごもり (12/31)

(344字。目安の読了時間:1分) お峯聞いてくれ、歳は八つなれど身躰も大きし力もある、我が寐(ね)てからは稼ぎ人なしの費用は重なる、四苦八苦見かねたやら、表の塩物やが野郎と一処に、蜆(しじみ)を買ひ出しては足の及ぶだけ担ぎ廻り、野郎が八銭うれ…

【ブンゴウメール】大つごもり (11/31)

(331字。目安の読了時間:1分) 下なる奴に物いひつけんと振向く途端、暦に黒ぼしの仏滅とでも言ふ日で有しか、年来馴(な)れたる足場をあやまりて、落たるも落たるも下は敷石に模様がへの処ありて、掘おこして積みたてたる切角に頭脳したたか打ちつけたれ…